postheadericon 同時に行うことも出来る

レントゲン写真を見る歯科医

最近矯正歯科を行っている歯医者は、同時に審美歯科を行っている場合も多いです。
歯の矯正は見た目に関係するところなので、歯の矯正と同時にホワイトニング等を行う人が増えています。
矯正歯科と審美歯科の違いは何かというと、矯正歯科は咬み合わせをよくすることが目的で治療を行います。
審美歯科は歯の形や色を変えて見た目をきれいにすることが目的で、咬み合わせの治療は行いません。矯正歯科の治療方法としてはなるべく自分の歯を生かしてその歯を徐々に移動させて咬み合わせをよくすることが目的なので、治療に時間がかかります。

一方審美歯科は歯を削って治療したりセラミック製のかぶせものをして見た目をよくしたりするので、短期間で治療することができます。
したがって矯正と審美の両方を兼ね備えた歯医者は、矯正をして咬みあわせを治療した後にホワイトニングなどの治療を行うと咬み合わせがよくなって健康になりますしホワイトニングで見た目もよくなりますので一石二鳥です。
審美歯科を行っている歯医者は、インプラントの治療を行っているところも多いです。
インプラントは虫歯や歯槽膿漏などで失ってしまった箇所に人工歯根を埋め込んで治療することをいいます。
矯正も行っていてインプラントも行っている審美歯科の歯医者であれば、どのような治療法にも対応してくれるので自分の予算や歯に合った治療法を見つけることができます。
その場合は歯科医とよく相談して治療法を決めましょう。

postheadericon 矯正歯科の便利な情報

患者と歯科医

歯医者の分野で矯正歯科とは、出っ歯や乱ぐい歯等の不正咬合の歯列矯正を行う歯科のことです。
一方審美歯科とは美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことで、主にホワイトニングやオールセラミックを行う歯医者のことをいいます。
しかし矯正歯科は見た目をきれいにする効果もあるので、矯正歯科と審美歯科を両方行っている歯医者も多くあります。
審美歯科で行うホワイトニングとは、歯の漂白を行う治療で、ホワイトニング用のジェルを乗せて歯を白くします。
オールセラミッククラウン治療とは、歯の周囲をぐるっと削り、その削った歯の上にセラミックで作られた被せ物をする治療です。
オールセラミッククラウン治療をすることにより歯の色が明るくなったり歯並びがよくなったりします。

他にも審美歯科では、セラミックインレー治療やインプラント治療も行っています。セラミックインレー治療とは、奥歯の虫歯治療を行った後に銀歯ではなくセラミックの白い詰め物をする治療のことをいいます。
セラミックなので金属アレルギーの方でも安心ですし、白いので目立たなく審美性も損なうことはありません。
インプラント治療は、歯が根元から失われてしまった場合にあごの骨と人工歯根を一体化させて人工歯根にセラミック製の歯を被せる治療です。
このように審美歯科の治療内容と矯正歯科の治療内容を併せ持つ歯医者が増えることによって、治療の幅が広がり患者も自分のライフスタイルに合わせて歯医者を利用できます。

postheadericon それぞれの特徴

歯の治療

矯正歯科は、顎や歯の位置を少しずつ移動させていき、良い位置にくるまで動かして、かみ合わせを良くする治療なので、基本的に患者はこれから骨が成長する子どもが対象になります。
矯正用の器具を使って、それを歯に装着し、生活することになります。
かなり長い期間をかけて少しずつずらしていくのですが、初めは少し痛みが違和感があります。
慣れてくると、そこまで苦痛はありません。
何より矯正歯科の場合は、自分自身の歯を使ってする治療方法になるので、歯医者も患者の歯を傷めることなく治療することができます。

それに対して、審美歯科は、見た目を短い期間で美しく改善する治療になり、大人が患者に多いです。
年齢が重なると、歯を動かすことは困難になってきますし、たとえできても、痛みがかなり伴います。
そこで、歯を削ったり、歯の神経を取ったり、歯そのものを抜いたりする方法になります。
その後、セラミックで作った人工のかぶせ物をします。
しかし、審美歯科の場合は、変色してしまった歯を白くすることも可能ですので、目的が何かによって、どちらを選ぶかは決まります。
自分はどちらが向いているかは、歯医者に相談して決めるのが良いでしょう。

カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031